忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2017/10. 6  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2


 ブラックバスやブルーギルの防除の実際や提言をまとめたガイドブック「NO BASS GUIDEBOOK2009」(全国ブラックバス防除市民ネットワーク編/一部カラー・A4版96ページ)が完成しました。
 本書は、「市民による生態系の保護」をテーマに編纂された冊子で、各地で実施されているブラックバスなどの防除の様子のルポをはじめ、防除活動のノウハウをコンパクトにまとめたものです。多角的な実践ガイドに仕上がりました。各項目は以下のとおりです。

1:NO-BASS Net Report
・バス防除を通じて自然再生へ(NPO 法人シナイモツゴの郷の会)
・河川で活動を続ける雑魚好きたち(秋田淡水魚研究会)
・市民と漁師の思いがひとつになって(琵琶湖を戻す会)
・バス問題から水辺保全へ積極展開(生物多様性保全ネットワーク新潟)
・学生の心をつかむ水辺の環境教育(阿武隈生物研究会)
・楽しみながら公園再生に挑む(三ッ池公園を活用する会)
・里山保全の視点から(NPO法人 宍塚の自然と歴史の会)
・「水辺の番人」釣り人が立ち上がった(東京勤労者つり団体連合会  NPO法人 自然を考える釣り人の会)
・調査・研究という駆除活動(びわ湖サテライトエリア研究会  深泥池水生生物研究会)
・世論の場を現場として語り続ける(生物多様性研究会)

2:駆除活動のいろいろ
3:HOW TO 駆除活動
4:漁業組合と市民団体の連携によるブラックバス等の駆除
5:関連連絡先
6:全国ブラックバス防除市民ネットワーク会員団体紹介

 一般書店等での販売はありませんので、入手をご希望の場合にはノーバスネット事務局宛にメールにてお問い合わせください(頒価800円+送料)。

全国ブラックバス防除市民ネットワーク事務局 ⇒MAIL⇦  
PR
 テレビニュースなどで自民党の諸君(そういえば雑誌「諸君!」が休刊とのことだが)の顔をみていると、いよいよ定向進化の最終段階にさしかかったのかという気がしてくる。すでに政権はおろか政治すらも投げ捨ててヤケになっているのではないかとさえ思えてくるが、なんだかこの世の滅亡前夜かなにかにさめて最後の夜ぐらいはと好き放題に騒ぐ……といったマンガのごとしではあるまいか? あの連中の国民をバカにしきったツラ。ニヤケた答弁と恫喝。口だけでなんら危機感を持ち合わせていないとしか思えない態度の数々。こんなのを是とするとしてもそれはは個人の自由というものだが、逆にに怒りのひとつでも湧いたとしたら、それを決して忘れてはなるまい。北海道の酔っぱらいが「体調が悪い」せいで社会人失格の態度を国際的に報じられたとか、同じく「体調が悪い」せいで接触禁止の美術品を触って騒ぎになったとかで“国の恥”のように槍玉に挙げられているけれど、国の内外に向けて恥をさらしているのはこの男だけでなく、こんな政権を許してきたわれわれ日本国民にある。もちろん、これは恥云々の問題ではないのだが。


 ブラックバスはなにが問題なのか?
 釣りという特定の趣味分野を離れ、この魚をとりまく諸問題は、もはや国家的な課題にすらなった。本書は、問題点のひとつひとつをていねいに洗い直し、Q&Aという形をとりながら解説を試みる。副題が「親子で考えるための〜」となっているとおり、本文のアンサーをさらにやさしく解きほぐしたコラムふう一文が添えられているのも特徴だ。
 著者の濁川孝志氏は立教大学で教鞭をとる学者だが、水産や生物系の研究者ではない。ウエルネスという福祉や健康、ライフスタイルなどに関連する分野の専門家である。そういう立場の学者がなぜ? という部分は実際にお読みいただくとして、少なくとも言えるのは、専門の研究者じゃないからこそみえてくる視点があるということだ。もちろん、教育という面などをとらえると、氏の専門分野にも通ずるところはあるにせよ、疑問の呈し方や回答への道筋などは、むしろごく一般のひとびとの視線に近い。
 趣味、釣り業界などを含めた構造的な問題や、昨今活発化する駆除の動きと根強い擁護論についてなど、できうるかぎり新鮮な情報をふまえ細かにふれられたおすすめの1冊である(“若干”の辛口論評にも乞うご期待!)。  


■おもな見出し
*ブラックバス問題の基本的構造
*密放流・ブラックバス拡散の経緯
*ブラックバスによる被害の実態
*生態系・生物多様性に関連して
*ブラックバスの拡散を抑制する動き
*ブラックバスを擁護する動き
*頻繁にきかれるブラックバス擁護派の主張

  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]