忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2019/11. 5  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


「文春砲」なるある種の流行語があるが、これはさしずめ「共産党砲」(報道という点では「赤旗砲」でもいいかもしれない)といったところか?



https://www.youtube.com/watch?v=7fxxo7K4Z1c&feature=youtu.be

 いまさらながら恐るべき実態だ。トボケているのか、はたまた母語であるハズの日本語をさっぱり理解できないホンマモンのバカなのかはわからない。言えることは、国会における質問に対し、これっぽちもマトモに答えていないということだ。それも“首相”がである。多少でも日本語を理解できるのであれば、(思想・信条はどうあれ、あるいは安倍支持者であっても)あの男の言い逃れにもなっていない幼稚な逃亡のザマが理解できるハズだ。少なくとも、もうちょっときちんと答えたほうがいいのではありませんかぐらいに思わなければねぇ(こんなのも理解できないならそれこそホントの馬鹿だよ・笑)。

 くわえて、文書等の証拠も体よく(合法的に)“隠滅”。この国にやりそうなことである。ぁあ、なるほど。それだからこそ、従軍慰安婦問題にせよ徴用工問題にせよ、「公式資料がない」などといった言い逃れにつながるワケかと納得するほかはない。そして時間稼ぎでアシストする男のアホ面も天晴れだ。

 証拠隠滅と“取り調べ”に対する不真面目極まる態度。ある種の犯罪者も見習うべきであろうなァ(笑)。こんな為政者らのザマをみて、それが通用する(させてたまるかと思うが)のだと知って、子どもたちは育ってゆくのだ。いや、祖国のことながら(いやだからこそ)心底悲しい。
 もっとも、質問者・田村智子(日本共産党議員)が凄腕の“デカ”あるいは探偵よろしく追及してゆくさまは痛快(だが当然のこと)ではあるが。

 ところで、こんな税金にタカってまでオトモダチをもてなすアベーシンゾーだが、それでふと思ったことがある。

 昨今、やたらと韓国を批判・非難してやまない日本政府とその提灯持ちたるマスメディアの諸君。ネットニュースの見出しを見ても、やれ文政権の支持率が下がっただの、韓国メディアも呆れているだのといった文字を見かけない日がないが、しかし考えるまでもなく、仮に政権が国民に不利益をもたらしているのであれば、支持率は下がってあたりまえだし、メディアが政権を批判するのも当然ではないのか? それをさも面白おかしくネタにしてタレ流しているヒマがあるのであれば、その熱意の半分でもいいから、自国の為政者に目を向けてみたらどうなんだと思う。

 その韓国批判だが(もちろんあちらにも問題がまったくないなどとは考えていないが)、たしかアベシンゾーってのはかの国の著名カルト集団である統一教会および勝共連合と懇意にしているというのは有名な話のハズ。それならもっと韓国とも親密にしたらいいだろうと思うのだが、そうでもないらしい。

 だが、韓国内のなんらかの政治的勢力とアベ一派との間に親密なつながりがあるとうことはないのだろうかという気もする。こんなのはシロウトの妄想の類でしかないが、仮にそんなことがあるとすれば、アベ一派にとっての“敵”は文政権であり、韓国の政権を転覆させることそのものが、わが国為政者らによる一連の韓国批判の根源なのではあるまいか?

(ひとつ言えることは、日本政府にとっては、文政権が早々に取り組んできた北朝鮮との対話が平和裡に進んでもらっては困るのだ。トランプのおとっつぁんのほうはまぁ宗主国だということもあろうが、「悪くはしないだろう」とタカをくくっているのであろう。これについては、たとえば『ソウルと平壌』ほかジャーナリスト萩原遼の一連の著作に詳しい)

 それはともかくとして、またしても日本共産党ネタになってしまうが、この一連の韓国批判について「いま振りかえる朝鮮植民地支配 歴史と実態」(赤旗編集局)なる小冊子がコンパクトにまとめ、論じている(これはいい資料になりそうだと某所を通じて入手した)。

 そのなかに、昨今の韓国批判の発端が指摘されている。
「逆流台頭の中心に安倍氏が」と小見出しがついた一文のなかから、抜粋してみよう。

>重大なのは、日本政府の中に歴史問題の前向き変化が起こった局面で、その変化を覆し投げ捨てようとする逆流が起こったことです。その中心にいたのが安倍晋三首相でした。
 93年8月の「河野談話」と細川発言に危機感をもった自民党内の右派勢力は同月、「歴史・検討委員会」という組織を発足させ、侵略戦争を肯定・美化するキャンペーンを展開し始めました。(中略)
 96年12月には「新しい歴史教科書をつくる会」が発足。この運動を応援する自民党国会議員の組織として97年2月に「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」(「教科書議連」)がつくられ、事務局長に抜てきされたのが当選4年目の安倍氏でした。現官房長官の菅義偉氏、現自民党政調会長の岸田文雄氏らも参加するなど、いまの“安倍お友達政権”の原型がここにあります。(以下略)

 底の浅い連中だと思った。

PR

 わが地元で議会選挙がたけなわである。
 各候補者の街宣車が巡回しにぎやかなのはいいとして、ここでまたわが国のザマにめまいを覚えつこととなった。

 共産党現職候補と、保守系現職候補のひとりを除き、単に名前を連呼しているだけなのである(政党候補者として公明党候補者が名前のほかに政党名を告げていたが)。

 なにをいまさらと思われるかもしれないが、共産党候補者が政策や地元をめぐる問題点とその解決策を具体的に訴えているのと比べると、ほかの連中はいったいなにをしたいのかというのが正直な感想だ。こんなザマでは、(共産党候補者を除けば)その政策や現職時代の実績など、それらを有権者としての支持するかしないか云々以前のレベルではないか。

 より正しくは、ほかにも「より暮らしやすいまちづくりを」というフレーズが若干1候補者から聞こえてきた。しかし、それだけである。これだけでは単なるポエムというかキャッチコピーの出来損ないのようなシロモノであり、どこに問題点があって、それを自らがどのように改善し、ついてはどんな具合に市民の暮らしの向上や地元に貢献したいのかといったことが、まったくもって100%欠けている。完全なる「ガキの遣い」。アホかと思いましたね。

 でまぁ、ほとんどの候補者がこんな按配で名前を連呼しつつ「どうかよろしくお願い申し上げます」などとのたまっている次第だが、これでいったいぜんたい「あんたのなにをどのようにお願いしているんですか?」と思う。なんら具体的な政策も語らず、ただ単に「どうか議会に送ってください」というのでは、「どうか、わたしの明日の食い扶持を恵んでやってください」と言っているようなもので、言い換えれば物乞いと一緒。

 これが(まぁすべてではないにせよ)わが国の選挙のひとつの実態なのかもしれない。まさに沈没船ですな。乗せられているほうはたまったものではないが……。


 のっけから個人的な話になるが、わが家ではゴキブリが滅多にお出ましにならない。
 それでも、10年以上前にはそうではなかったハズで、思うに巨大なクモが居つくようになってから、ゴキブリの数が激減したのではないかと推測している。

 とはいえ、ごくたまには現れる。
「昨日、洗面所にゴキがいたから始末したわ。でも、あんな生き物でも殺すのはちょっとかわいそうかなと思って」
 とわが母堂。
 わかる。とくに、こっちの殺気を察してか、けなげに逃げようとしているのを目にしたりすると、生命という点では我々と一緒なんだなぁとも思う。が~。同時に思ったもんだ。

「う~む……。ってことは安倍晋三ってのは(少なくともオレにとっては)ゴキブリ以下のシロモノってことか(笑)」

 閑話休題。
 さきの台風15号。とりわけ房総にとっては最悪ともいえるコースを辿ったこともあるのか、千葉県を中心として予想外の被害が続出しているらしい。

 わが家も例外ではなく、およそ40時間にわたる停電と三十数時間に及ぶ断水に見舞われた。幸いにしてペットボトルのお茶などの飲料の心配はなかったし、自動車で7~8分の距離にある産地直売店とその付近では断水はなく停電も早い時期で復旧したとかで、パンやつくりたての惣菜、おこわなどを買うことができて助かった。トイレや汗を流すのは風呂の残り水を大事に使った。母堂が熱中症などにならないか心配させられたりもしたが。

 そんななか、情報がないのにはヘキエキとさせられた。
 防災無線というのか、近所に据えられたスピーカーを通して、ごくたまに行政からこんな放送が流される。

「こちらは●●市役所です・・・●●課からお知らせします・・・。ただいま・・・台風15号の影響により・・・市内全域で停電(断水)が起きています(このあとに給水車や学校の休校案内などが流れる)」

「こちらは●●市役所です・・・東京電力から知らせします・・・。ただいま・・・台風15号の影響により・・・市内全域で停電が起きています。復旧までいましばらくお待ちください」

 2例目は10日の朝に一度きり流されたものである。なんら具体性のないこの話はなんなんだろうと思った(ほとんど「ポエム」もといガキの使いってもんですな)。送電線の鉄塔が倒壊したらしいことはその朝の新聞で知ることができたものの、新聞の情報もはなはだ不十分で、双方併せても状況がさっぱりわからないままに過ごさざるを得なかったのである。

 停電についての具体的な情報は、わが家で電力が復旧した2~3時間後だったと思うが、行政を通じて翌朝までに復旧見込みであることが告げられるまで、まったくなかった。

 これは、とうの東京電力や行政としても十全に状況を把握できなかったということもあるのであろう。しかし、「いましばらく」と宣言したのだ。たとえばそれが「むこう1週間はかかる可能性がある」といった厳しい内容でもいいから、市民に情報を開示すべきではなかったのか? 高齢者の独居世帯もあれば、幼児の心配をしなければならない家庭もある。たとえば、長くかかりそうなのであれば、(体調管理のためにも)親類などのところに避難することも考えられるだろうが、なにもわからないのでは相談のしようもない。また、仕事のスケジュールを立てるためにも、そうした情報を欲している人もけっして少なくないだろう。

 ついでにいえば、給水車を市役所駐車場など数箇所に用意してくれていたそうだが、自動車のない高齢者などはどうしたのだろうかとも思う。


「広報車でも出して状況を直に伝えながら、市民の様子や被害状況を検分してみたらどうなんだ」
 と素朴に思ったものだが、そのテの広報車をやっとこさ見かけたのは我が家の停電が復旧した数時間後のことであった……。

 こんなのもあった。
「こちらは●●市役所です・・・●●課からお知らせします・・・。本日は・・・台風15号の影響により・・・JR●●線が全面運休しています。明日以降の運行状況につきましては、JRのホームページをご覧ください」

 う~~~~~む。停電でパソコンが使えないのだが? オレはスマホを持ってないに持つつもりもないが、持っていたとしてもそろそろ充電がピンチになるころなのではあるまいか? ましてやスマホでTV番組を見る習慣のある人なら、それはなおさらなのではないのか?

 もちろん、行政のHPだって見ることはできない。
 ぎりぎりセーフといおうか、校了直前の原稿を無事に送ったあとではあったが、校正がマトモにできないため、電話で編集長と内容の確認をとった。そのさなかに編集長がわが市のHPをチェックし、そこに載せられている電力と水道の復旧情報(といってもほとんど役に立つ内容ではなかったが)を口頭で教えてくれた。
 しかしその市HPの情報、いったいぜんたいだれのためのものだったのだろうか? 市全域で停電していることは当の行政だって把握していたハズなのだが……? スマホなどの携帯端末? それについてもすでに触れた。

 そんなさなか、わが母堂が都内に住む兄に電話をした。
 驚いたことに状況をあまり把握していなかった。
「あの兄貴が?」
 と訝ったものだが、電力が復旧してインターネットやTVをチェックできると、その理由がわかった。

 ようはほとんどニュースになっていないのだ(千葉テレビでは停電戸数などの情報は伝えられていたが)。接近中には戦争でも起こるかのごとく市民をあおってたクセに。千葉県の被害がほとんど報道されていないという話題はネットニュースでも知ることができたし、どうやらSNSでも話題になっているらしい。

(※ついでに、ここ数年のことだと思うが、NHKのニュースで「避難してください」だのといったアナウンスが目立つようになった。そのアドバイスそのものは間違っていないと思うが、でもこれ、報道機関の仕事でしょうか? だいぶ以前から、「なんかNHKってのは“大本営発表”の代行をしたがっているように思えるときがあるなぁ」と感じてきたものだが、このNHKのアナウンスに違和感を覚えているのははたしてオレだけだろうか?)

 
 そんなさなか、我らがケーセッキ安倍(개새끼아베)はなにをやっていたか?
 内閣人事を「史上最大級」とも言われた台風が核心部に近い首都圏を直撃したそのさなか、てめぇらの勝手な事情だけで「粛々と(?)」再編し、例によってこんな宣言をしたそうな。

「わが党長年の悲願である憲法改正を、党一丸となって強く進めていきたい」

 これはまぁ、党役員会での演説であり、いわば自民党内部での発言にすぎないとの解釈も可能かもしれないが、オレは素直に思わざるを得なかった。
 バカのひとつ覚えとはこのことか……。

  
 ついでに言えば、あの男の軽量なオツムのなかでは、そこでのたまった「憲法改正」とやらは「わが党」なのではなく、「オレの」なのではあるまいか? 事実として、自民党は党是として「憲法改正」を謳ってはきていたが、それだってあんなゴキブリ以下(まぁ、オレから見てね)のおとっつぁんの妄想と同化させられては「たまったもんじゃない」と考える自民党員や議員だっていらっしゃるに違いない。

 ようは、そんな騒ぎ(改憲云々がどう扱われたかは知らないが)をダシにして、マスコミの多くがなすべき仕事をサボっているというのが、台風被害情報が著しく不足している原因のひとつなのだろうと思ったもんだ。

 そういや、なんとなくだかなんとだかというタレント(? 名前だけは知っていたが、じつはオレ、その女性の顔も知らなければ、なにをやっているひとなのかも知らないんだよね・笑)と結婚だかなんだかをしたらしいあんちゃんが入閣したとかしないとか、そんな見出しが復旧してすぐさまパソコンの画面に現れたもんだが、TV番組がどんなザマだったのかは想像するまでもないだろうよ(笑)。

 ともあれ、わが祖国。残念ながら、オレが悲しくも思わざるを得なかった以上にその「痴呆国家」(まァ、「法治国家」じゃなくてね)ぶりが進行しているようだ。沈没船に乗せられている気分といってもいいかもしれない。辛いことである。

「だんだんだんだん中華人民共和国に似てきましたなァ・・・わが国は」
 オレは近ごろ(といってもよほどの近ごろではないが)、本心からそう感じている。

 さきに愛知県を舞台に起きた「表現の不自由展」をめぐる事件。
 オレには、今般の事件と開き直る一部政治家や為政者らと、天安門事件をなきものとせんとする中華人民共和国当局とが、極めて近しいシロモノに思えてならない。

 まだしも、わが国ではこうした(それがたとえ個人の落書きレベルであろうと)発言がいちおうは許され、ネットを含む一部メディアで繰り返し報道されていることを考えると、まだ引き返す余地があるようだ。もっともテレビ番組はほとんど・・・ニュース系番組にいたってはまったく見ないので・・・、そちらがどうなっているかはわからないのだが。

 それにしても、犯罪行為を“これ幸い”とばかりに利用する為政者。
 そんなザマを見るにつけ、わが祖国からは思想の自由はおろか、基本的人権すら失われつつあるのではあるまいかとも思う。

 大学法学部出身の知人が嘆いていた。

「法学部で最初に学んだのが基本的人権で、まさに基本中の基本といえるものだと思います。ところが、最近の様子を見ていると、(法学部を出た)専門家や法学部の学生らが、『●●をぶっ殺せ!』などと平気で発言している。こんなことは考えられませんし、とても恐ろしいことですよ!」

 それに対し、オレは「憲法改定をめぐり、もっぱら9条が取りざたされますが、本丸は基本的人権ではないのかと考えているんです」と応じた。その先にあることのひとつは、基本的人権にしばられない立法が可能になるということである。

 わが祖国よ。引き返すならいましかない。手遅れになって、被害を受けるのははたしてだれなのか。国民のひとりひとりが、もっと真剣に向き合わなければならないのではないかと思う。祖国を中華人民共和国のようにしたくないのであれば。


※念のため:中華人民共和国のすべてを否定しようとは考えていないし、実際に訪れるなりしてみれば、なおさらである。あの国には魅力的なひとも多数いれば、素晴らしい文化だって持っているし、いい意味での発展も著しいように感じる。個人的には友人だっている。そう、友人が・・・である。
 中国にせよ、韓国にせよ、たとえそれらの国々の当局や一部勢力に問題があろうとなかろうと、彼らをあげつらってバカにしたり敵視しているヒマがあるのであれば、友人のひとりでもつくる努力をしてもいいのではないのか。そのほうがよほど楽しく充実した生き方ができるのではないかと思うのですがね。


「なんでそこでアメリカが出てくるのよ?」

 仕事の手を休め階下に行くと、年老いた我が母堂がTVのニュースショウを見ていた。
 題目は南北問題。27日に実現したあの歴史的瞬間などについて、そのスジの専門家やら自称専門家らが論評ないし出任せを番組司会者らとともに繰り広げるというテの番組である。

「あの会談のニュースを見て、真っ先に思い浮かんだのが拉致被害者のこと。一刻も早く帰国できるといいのだけれど……」
  母堂はそう思っていたという。

 とうの番組ではなかなかその拉致被害者問題の話題が出てこなかったが、しばらく見るともなしに見ていると、やっとこさという風情でこの話題がめぐってきた。すると、

「アメリカ(合州国)と北朝鮮との会談に期待したいですね(要旨)」
 とのコメントが真っ先に飛び出したのである。
 冒頭のひとことは、それを受けてすぐさま飛び出したものだ。

 別段、日ごろから政治がどうの北朝鮮問題がどうのというワケでもなくとも、ごくごく素朴に当然ともいえる疑問に結びついたということであろう。まったくもって同意するほかはない。

 ──ったく、そのつもりがあるならアベが北朝鮮に乗り込んで交渉してこいってんだよな……。まぁ、乗り込んだところで平壌冷麺がどうのという話で終わりかねないからおとなしくしてるほうが恥をかかなくて済むかもしれませんなァ(笑・笑いごとではないが)。
 
  ※29日午後に配信された時事通信の短文記事
文在寅大統領は27日の南北首脳会談の結果を説明し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対して日本人拉致問題を提起したと報告した=29日午前、首相官邸(リンク記事)

※同じく29日午後の時事通信配信
トランプ大統領が同日の安倍晋三首相との電話会談で、「日本の拉致問題を即座に解決するよう北朝鮮に促す」と伝えたことを明らかにした。(リンク記事)
(前者はアベの写真とともに配信されていたが、ここでも主体は日本側にはない。いったいどうしたことか?)

 あの会談を受けての「板門店宣言」の署名や南北両首脳のスピーチは、TV中継で目撃させてもらった。久々に感動を覚えた。それも猛烈に。

 このまま順調に進んでほしいという願いの一方で、はたしてどのような障害が待ち受けているのか、それらをどのように克服してゆくのか。一筋縄でいかないかもしれないことは百も承知のうえだが、まさに歴史的快挙の瞬間であったと思う(北朝鮮の先代と先々代時代を含む道のりについては、たとえば『ソウルと平壌』や『朝鮮戦争 金日成とマッカーサーの陰謀』、『金正日 隠された戦争 金日成の死と大量餓死の謎を解く』──いずれも萩原遼著・文春文庫──などを参照されたい)。

 そんな歴史的大事件にあって、我が祖国・日本国からのコメントや動きは驚くほど乏しいのが気にかかる。

 そんななか、ネットのヘッドラインには、「日米首脳が電話会談」「認識が一致」といった米国主体の見出しが並ぶ。

 たとえばつぎの記事──
日米首脳、北朝鮮非核化へ行動要求=南北会談は「歴史的一歩」(時事通信29日)

安倍晋三首相は28日夜、米国のトランプ大統領と電話で約30分間会談し、27日の南北首脳会談について、北東アジアの平和と安定に向けた歴史的一歩として歓迎すべきだとの認識で一致した。(リンク記事)

 見出しだけを見るといかにも日米間で「会談」したかのようではあるが、そうではあるまい。単に米国側にご意向伺いをし、その結果を「一致」とウソぶいているだけではないのか?

 リンク記事はこう締めくくっている。
日米首脳電話会談に同席した西村康稔官房副長官は、南北会談で拉致問題が取り上げられたかどうかについて、記者団に「具体的なやりとりは控えたい」と語った。(同前)

 ようはなにもないのだ。アベを筆頭に、自民党のほとんどの面々はどうしていいのかさっぱりわからないのだ。おそらくは優秀であろうハズのトップ官僚をしても、主体的に動けるだけの意識も情報も持ち合わせていないのであろう。あきれ返るほどの属国ぶりではないか。

 こんな体たらくだからこそ、ほかならぬ日本と北朝鮮との間の大問題である拉致被害者問題についてすら、米国だの韓国だのの顔色を伺いつつ、「ジャンケンの後だし」をするタイミングをはかるのがせいぜいなのだと考えざるをえない。

 そういえば、26日には「2018年報道の自由度ランキング」とやらを伝えるニュースがあった。北朝鮮が最低位にあるのはともかく、我が祖国・日本は180中67位だったという。韓国の43位からも遠く引き離されたザマを国際的に見せつけたワケである。

 しかし、前から思っているのだが、「自由度」という見出しは必ずしも正しくないのではあるまいか? ポルノや詐欺的商品のCMなどが手放しに近い状況で跋扈しているニッポンは、むしろ「自由度」は高い。その気になれば相当の部分まであからさまに報道することだってできないハズはなく、その点で北朝鮮などと比較するのはムリがある場合もあるだろう。

 むしろここでは「マスコミのバカ度」。バカで悪ければ「(権力に対する)従順度」、あるいは「家畜度」としてもいいが(いや、こんな物言いは家畜に対して失礼かな?)、ようは主体的に腐っているのである。「自由」云々などという高尚なレベルにないのがわが国の実態ということであろう。心底情けない……。
(誤解を避けるための蛇足だが、今回引用させてもらった時事通信社がそうだとは言っていないので念のため。)


  • カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]