忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2017/06. 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
 久々に恩師を訪ねた。
「韓国では、鉄道の時刻は正確なのかね?」
「いぇ、近ごろでは5分、10分程度の遅れが常態化しているように思えますね。以前よりも遅れるケースによく出会います」
「仮に、あんたの感じているとおりだとよくないなぁ。そういうの(この場合は列車の遅れ)に鉄道会社が慣れてしまって、悪循環に陥る」


 ネットでヘッドラインをチェックしていたら、つぎの記事が目に留まった。

「JR駅員が危険すぎる!ホームでビニール袋を踏んで転倒しかけた女性を無視、袋も拾わず
Business Journal?/ 2016年6月18日」
※http://biz-journal.jp/2016/06/post_15529.html

> 5月初旬、東京・JR新宿駅から中央快速線を利用した30代女性は、次のような光景を目撃したという。
「電車の到着を待つため、ホームには大勢の人が並んでいたのですが、ホーム際を歩いていた年配の女性が転びそうになって声を上げたのに気付きました。見ると、女性は足元に落ちていた白いビニール袋に気付かずに踏んでしまい、滑ったようでした。幸いにも女性は転倒を免れて去って行き、そこへすぐ後ろから駅員が歩いてきたのです。当然、ビニール袋を拾って行くだろうと安心していたのですが、なんとスルーして通り過ぎて行ってしまいました」(リンク記事)

 じつは、もっと酷い例をJR東日本の千葉県内某駅で目撃している。
 夜のラッシュアワー。その某駅を降りたひとは多い。ホーム半ばでカーブしているからだろう、駅係員が「お立ち台」に立って監視している。と、その目の前(数メートル視線の先)で、列車から降りてきた男子高校生のひとりが転んで、その片足が列車とホームとの間(内輪差で広くなっている)に落ちた。一緒に降りてきた仲間が手を貸して、ほどなくピンチを脱したが、「お立ち台」に立つ駅員は微動だにせず(後姿なので表情まではいざ知らすだが)、なにごともなかったかのように発車合図を送り、列車は駅を後に、駅員もまたホームから立ち去ってしまった。

 件の駅員からすれば、大丈夫だと(独自に?)判断したのかもしれない。そこで手を貸すなり発車を待機させれば列車遅延が起きてしまう。であれば、この程度の事故未遂は“ささいな事案”として見なかったことにしてしまえばいいのだ。現に無事だったのだからそれでいいではないか……(あるいは、業務報告ぐらいはしたかもしれないが、これらはあくまで推測である)。

 恩師が指摘した(韓国鉄道における)列車遅延への慣れ。駅における危険状況への慣れ(?)。慣れという部分の根っこは一緒である。オレにはどうも、つぎなる致命的大事故は、この会社が起こすのではないかという気がしてならないのだ。個人的に「世界一」だと考えている日本の鉄道が心配でならない……。


 閑話休題。


 参議院選挙である。
 争点はさまざまだと思うが、国民の暮らしという点で、経済政策が非常に需要案件であることは否定できないハズだ。そもそもが、政治の根幹のひとつはカネの分配である。たとえば、税金という形で納められた国民のカネを、いかに国民のために生かしていくか? どういう使い道にどれだけのカネを用いるのか? そしてその根拠はなにか。こんなものはイデオロギーでもなんでもなく、まったくの基本だと思うのだがどうだろうか。
 もちろん、与党もそれはよ~くわかっている。したがってアピールもする。だが、たとえそこによかれと考える経済政策をいかに主張しようとも、それと“セット販売”されるブツを知ってしまえば、これはもう全否定であたるしかないわけだ。

 すなわち、改憲である。


 ここで、その理由はどうあれ、与党を支持するということは、ほぼイコールで改憲へと結びつく。仮にオレ自身があの「アベノミクス」(あんなもの、対症療法にもならないインチキサプリメントの類だとオレは考えているが、ともども騙されているひとは存外に多い)を支持していたとしても、改憲に反対である以上は与党に票を投じてはならなくなってしまったに違いない。

 言い換えると、選挙の争点を否応なしに変えてしまったのがアベであり与党なのである。改憲問題云々として論争を仕掛けているのは野党ではなく、紛れもなく与党ではないか。野党が改憲問題をチラつかせて争点へと仕立て上げたのではなく、与党こそが改憲への下馴らしを強行し続けているがゆえに、野党としても参院選の最重要案件にせざるをえなくなってしまったのだ。先に仕掛けたのはアベ側であり、野党や護憲団体の類ではないよ


「アベノミクスを信じる」でも「ほかに適任が見あたらない」でも「民進・共産が嫌いだから」でもなんでもいいが、ここで与党を後押しするということは、改憲への第一歩どころか死刑台に登るようなものである。

 イデーオロギー? 政策の違い? 野合?(もっとも、それをいうなら自民・公明タッグはどうなんだよ・笑。逆にいえば、巨大新興宗教団体と手を組まなければ、現政権は維持できないってこったろ?) そんなことで争っている場合でないことを理解しているからこそ、あの野党共闘だと考える。はたして有権者がそこを見抜いているのかどうか? せめて絶望だけはさせてもらいたくないが……。

●おまけ:
 知人の善良なるヨミウリ読者が、「最近の若い連中はダメだから(そうだともオレは思わないんだが)、徴兵でもして自衛隊に入れて鍛えればいいんだ」と会うたびにのたまう。先だって彼のお孫さんたちを目にしたばかりだったのだが、「あのかわいらしいお孫さんも自衛隊に入れてしまうということでしょうか?」と訊きたいのをグっとこらえたオレであった……。もっともこのヒト、自衛隊と軍隊との区別ひとつついていない。さすが長年のヨミウリ読者だと感心するほかはなかった。でも、これはけっして笑いごでは済ませられませんね。
「コトが起きれば、友人やオヤにさえ銃を向けることさえ命令され、遂行せざるをえない。それが軍隊だと思うんですけど」
PR
 野党共闘は、マスコミを中心とする報道を見るかぎりは盛り上がりに欠けているようだ。深刻だ……と思う。
 民主・維新の合流について、個人的には懐疑的な見方をしている。その党名云々が取りざたされたさい、もっともふさわしいのは「カストリ党」だろうぐらいに内心で皮肉っていたし、それはいまでも変わらない。民主党については政権に就く直前に起きた“ブーム”時代からしてなんら期待をしていなかったし、件の選挙前に記した所感のとおりにその後の状況は推移している。だが、それでも彼らに存在感と意地とを示してもらわなければならない。たとえ個々の政策や思想に違いはあるとしても、共通の敵にから逃げるわけにはいかないからだ。

 敵は強大なのである。その片棒を担ぐマスコミを含めてそうだ。彼らは資金も潤沢。無垢な浄財が二重に税を逃れて悪用されていたりもする。
 考えてみてほしい。たとえば、かつてナチスを倒すために、世界がどれだけの労力と犠牲を払ったかを。あの時代と重ね合わせるのは、断りなしにはいささか乱暴な面はあるかもしれない。しかし、日本のいまの状況をたとえるならば、すでに“前がん状態”を超え、“進行がん”の手前にあると思う。いうなれば手遅れの一歩手前なのである。“がん”治療であれば、根本的な排除を試みるか、根治が不可能なのであれば、共存可能な程度にまで緩和をはかるだろう。言い換えると、いまの日本に対するレジメンにはそれに類することが書かれなければウソである。そのうえで、

 最大級の憎しみをもってあたるべし!

 でなければとうてい勝てません。この敵は、ようはそういう相手なのだといいたい。


※マスコミということでいうと、民進党結党を伝えたNHK18時(19時だったかも?)のテレビニュースがいじましかった。たとえば、弁護士の白川勝彦氏(リスペクト!)は氏のHPでつぎのように記した。


今日は、民進党の結成大会なので大いに気になっていた。午後7時からのNHKニュースでは、3番目の扱いだった。いくら何でも、これはないだろう。だが、NHKだけでなく、マスメディアの民進党の扱いは、すべてこうである。これじゃあ、民進党は人気が出ない筈だ(笑)。>(永田町徒然草http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1760)

 しかしじつはそれだけではなかった。この直後といっていいタイミングで、大阪維新の集会を、民進党とほぼ同レベルで報じていたのである。しかも、明らかに政権擁護を打ち出した内容をだ。もちろん、報じることは大切だが(同種の、たとえば共産党の集会についてはどうなっていますかな?)、そこに作為を嗅ぎ取ったひとはけっして少なくないハズ。

 それにしても愉快なのは、わがニッポンの同胞たちである(まぁ、ごく一部であると信じたいが、「ヨミウリ新聞」あたりの“善良なる読者”である善良なるひとびとと話していると、一部などという見方が楽観的にすぎないことをうかがわせて身の毛がよだつ)。

 ちょっと話が飛ぶようだが、先ごろ、韓国の仁川でニリアモーターカー鉄道が開業した。ところが、開業初日にエンコし、ニッポンの善良なるひとびとが嘲笑のタネにした。しかし、そういうひとびとはわが祖国の山手線において起きた同種のていたらくについてはどう考えているのだろう? 昨年11月30日、山手線に投入された新型電車E235系は、その営業運転初日にトラブルが相次ぎ、構造上に多数の不備が発見された。翌年3月7日に運用再開したが、「よその国の失敗をバカにしてるヒマがあるのなら、祖国のていたらくを心配しろよ」と、正常な感覚の持ち主であれば思ってしかるべきだ。
※件の仁川のリニアについては、それ以前にその路線そのものの必要性という点やそのために費やされ続けるカネといった点のほうがより深刻な問題。

 横浜や名古屋で発覚した集合住宅の手抜き工事。笹子トンネル崩壊事故。オリンピック主会場建設をめぐる諸問題(エンブレム盗作疑惑やら聖火台問題やら・・・。お隣の平昌をしのぐ恥さらしぶりではないか)。女子児童長期監禁事件。実質的に責任不問とされる権力者の問題発言の数々(ニッポンジンの多くが崇拝(?)してやまない欧米のセンスでいったら、連中はどうなるか?)。廃棄食品の不法転売。etc.……。コレって、どこの国のできごとですか?


 たしかに中国やら韓国にも同種の事件は少なくないが、外国のことをあざ笑う前にてめぇの足元をみてみろといいたい。もっとハッキリ書くなら、知能の程度を疑う。さらにいえば、日本という国が、日本人の多くが毛嫌いしているハズの北朝鮮に徐々に似てきているようにも思うし、ニッポンの為政者たちにとっての支配理想というのが北朝鮮や中華人民共和国のそれなのではないかとも疑わざるをえない(だいぶ前に記したが、自民党らにとっての「改憲」、その核となるのは9条ではなく11条および12条であろう。基本的人権や自由の保障を反故にすることである。13,16,1719条あたりもアブナイが、そういうホンネは、個々の政治家らの発言によってたびたび露見している。自民党ってのはまごうことなきイデオロギー政党なのである)。
 他人のフリ見てわが身を・・・。よそをあざ笑ってる場合じゃねぇと思うんだがなァ……。



●おまけのようでいておまけではないおまけ:
 大英ドラマ「刑事フォイル」はなかなかに味わいのある作品だったが、完結しないままに日本での放映を終了、以降は大韓時代劇がはじまるという(放映するNHKでは「韓国歴史ドラマ」と銘打っているが、大半がフィクション、作り話であるがゆえ、その冠は間違い。あくまで「時代劇」が正しい。まぁ、ニッポンジンにとっての「歴史」とはなんぞやというあたりに結びつきそうで怖いが・笑)。
 その大韓時代劇、「イニョプの道」の前フリ番組をみてみた。恥ずかしかった。日本人でいるのがイヤになるほどの嫌悪感を覚えた。


 番組はソウルで収録。主役格の韓国人役者4人をゲストに、日本からはNHKアナウンサーと「女優」の肩書きを持つらしい年配(?)女性、さらに正体不明の2人組男性が出演していた。
 ひとことで言って、韓国人役者の真面目かつ落ち着き、そして自信が漂う応対ぶりに対し、ニッポン側4人のレベルの低さ、もっといえばガキぶりばかりが目について困ってしまった。ニッポンの4人ができることといえば、愛想笑いがせいぜい(あとは“擬音”だらけのいい加減なリアクションか。「ほぉ~」とか「すげぇ」とかそんなの・笑)。とりたてて突っ込んだ質問もなかった。日本向け番組とはいえ、お隣に恥をさらさないでほしいと心底思った(念のため、韓国でもしょうもないテレビ番組はけっして例外ではないが)。唯一、作品中のパーツとして朝鮮王朝時代の靴に目を向けたあたりにはセンスのよさを感じたが。


 前番組の「刑事フォイル」で同種の特番があったのかどうかは見ていないのでわからない。しかし、主演のマイケルキッチンといい、脚本家のアンソニーホロビッツといい、こんな程度のホステス・ホストが相手では、仮に出演したとしても当惑してしまったのではあるまいか? そこはまぁ大人のたしなみとして巧みに合わせるかもしれないけれど、ココロのなかでどう感じるかは保証の限りではない……。
 北朝鮮が“ミサイル”だか“ロケット”だかを発射、いまのところわが国上空を通過したらしいとの報道でもちきりである。
 ふざけた国である。北朝鮮当局に対して、心底そう思う。

 それにつけてもハナにつくのが、準国営放送ないし国営放送きどりの大NHKを筆頭とするわが国マスコミの“報道”合戦だ。これはもう、なんというか「嬉々として」という表現以外しようがないではないかというのが正直な感想であり、そこになんらかの意図があるにせよないにせよ、こういう“有事的”なライブ放送をしたくて仕様がなかったのだという表情がそこにみてとれはしまいか?
 その熱心さときたら、たとえばわが国の大重要事案であった件の安保法に関する一連の報道の数百倍(いや、もっとか?)。法案成立強行をめぐって沸き起こった官邸前デモをはじめとする自国民の叫びをことさらに無視を貫き通してきたのとは正反対のザマである。あるいは、沖縄を舞台とした日米政府による“侵略”問題の報道はどうか? このいずれについても、清原やベッキーほどのもなかったといっていいが。

 北朝鮮による一連の所業が重要案件であることは否定のしようがないが、わが国マスコミどものこういう「嬉々とした」態度をみるにつけ、当の「伝える側」がこれをどのような意味で重要案件だと理解しているのか、はなはだ怪しいといわざるをえない。


「嬉々として」いる連中は、じつはそんなクソマスコミだけではない。本質的には、その背後にある軍需関連産業やある種のイデオロギーに染まりきった集団にとって、まさに北朝鮮は祝福すべき存在でありつづけてほしいに違いない。マスコミはその傀儡にすぎないのであろう。

 そうした内外に巣食う北朝鮮によってトクをする連中こそがあの“金王朝”を育てているのだと記すと、なにやら謀略論めいてしまうが、つぎに引用する金大中氏(いうまでもなく韓国元大統領)のコメントに耳を傾けてみる価値は大きいように思う。

中国は共産化されましたが、私からいうと中国共産化には三大功労者がいると思うんです。一人はもちろん毛沢東。もう一人は蒋介石。蒋介石の独裁腐敗政治は中国共産化の大きな功労者だ。もう一人は日本の国民。これが中国共産化の三大功労者です。私はこれは間違いない歴史的評価だと思うんです。もし蒋介石があれほど民心を失うような独裁と腐敗をしなかったり、もし日本が大陸侵略をしなかったら、中国は共産化されなかったかもしれない。共産化がよしあしの問題じゃなくて結果がそうだ。私はそう見ておるわけです。いいですか、共産化をおそれる日本が中国の共産化の重要な担い手になったのですよ。>(1973年3月2日、本多勝一氏との対談。『新・貧困なる精神 携帯電話と立小便』・講談社刊に収録)
在韓米軍・ペスト菌を持ち込み(ハンギョレ新聞)


 
リンク記事によれば、昨年4月にアメリカ合州国軍が大韓民国にペスト菌と炭疽菌を(おそらくは“合法的”に)搬入していたにも関わらず、その事実について大韓民国政府が口を閉ざしていたという。

在韓米軍が昨年6月1日に疾病管理本部に提出した配送および通関文書によれば、米軍は輸入申告書に「2015年4月24日に発送し2015年4月26日に仁川空港を通じて入港した物品」として「炭疽菌」と共に「ペスト菌」と明記していた。 また、これらの配送物資に対して「医学用品」(medical supply)と付記し、配送地は「烏山(オサン)基地」と明示していた。 (リンク記事)

 記事は、この重要事項を政府が公表していなかった点にスポットを当てており、持ち込みの理由について触れられていないが、軍隊という組織の性格上、これが“生物兵器”ないし戦略上に何らかの必要があっての事業であることは疑いようがない。ひょっとしてペスト菌と炭疽菌を使ったバイオテロでも企図しているのではないかとすら疑いたくなってくる。

 さて、われわれの祖国・日本ははたして大丈夫ですかな?
 仮に在韓米軍と同様に在日米軍が日本に同様の危険物を持ち込んでおり、かつその事実を告知(もちろん、相談などではなく一方的にな「お知らせ」として)されていたとしても、それがわれわれ日本国民に知らされる可能性は、おそらくは大韓民国程度ほどもないであろう。
 残念ながら、それがニッポンというくにの“幹部”(※北朝鮮当局用語)のセンスであり正体であるがゆえ……。

 前々回アップ(悪魔のシナリオが着々との巻・http://tocsin.blog.shinobi.jp/Date/20151118/1/)の続き。あるいは補足として。

思うに、軍事介入をねらう軍部と冒険主義者とは切っても切れぬ関係にある。湾岸戦争はその好例である。イラクのフセインという冒険主義者なしにはアメリカの介入もなかった。軍産複合対といわれるアメリカの巨大産業が生きのびるにはどこかの地で紛争がおきることが必要である。第二次大戦も終わって五年もたち、不況をかこっていた軍需産業にとって「朝鮮は祝福であった。この地か、あるいは世界のどこかで、朝鮮がなければならなかったのだ」(米朝鮮前線司令官ヴァン・フリート将軍)。金日成はかれらにとって大いなる祝福であった。>(『朝鮮戦争 金日成とマッカーサーの陰謀』萩原遼・文春文庫297ページ)

 引用したのは、同書「アメリカの大謀略」という章からの一節である。同書などの分析によれば、アメリカ合州国は朝鮮戦争にさいし先行南進を画策していた北朝鮮の動向をかなり正確につかんでおり、「知りつつやらせたのである。米軍側にとってその方がより大なる利益を手にいれることができるという計算であった(同書296ページ)」という事実が明かされている。
 同書でも述べられているように、当時の米国は極右勢力がやや劣勢にあったといわれるが、「予想どおり金日成がとびこんでくるや、間髪をいれず米議会と国連を反共の大合唱に変えることに成功」(同)、「ハト派の比較的多かった国防省や良識派は完全に封じこめられてしまった。ダレスやマッカーサーら極右勢力の作戦勝ち」(同)となり、やがて朝鮮戦争は他国の領土を舞台とした米中戦争へとなだれ込んでいったのである(同時に韓国や日本の軍需産業がそれによって肥え太ったという事実にも触れておかなければならない)。

 ここに語られている「朝鮮」は、そのまま「パリ」に置き換えられるし、「ニューヨーク」とすることも可能だろう。あるいは「IS」そのものとすることだってできるかもしれない。同時に、その実質的な被害者があのときパリやニューヨーク、あるいは旅客機に乗っていた無辜のひとびとであり、殺虫剤を浴びせられるように爆弾の雨を喰らいつづけている(た)シリアやイラクの罪なき市民たちであることは疑いようがない(同様にして朝鮮半島でも無数の血が流された)。

「パリは祝福であった。この地か、あるいは世界のどこかで、パリがなければならなかったのだ」

 オレにはどうもそういう声が聞こえてくる。実質的被害者の片方を利用し、片方に対しては無視を決め込む。ベトナム戦争のさいには、戦場としてのベトナムの実態が日々報道されていたように思うのだが、シリアにせよイラクにせよ、そうした報道に接する機会は極めてまれだ。
 こうして、謀略に乗せられているかあるいは便乗した連中とその提灯持ちとしてのマスメディアが「偏向」報道に徹し、自分たちもまたそうした犠牲者になりかねないという事実に気づかされないままに無辜のニッポンジンたちが操られてゆくのである。

 やがてやってこないといえるだろうか?
「日本は祝福であった。この地か、あるいは世界のどこかで、日本がなければならなかったのだ」

■おまけ
 ところで、我が家にも「マイナンバー」とうやらが届けられた。どんなものかと中身を検分してもほとんど要領を得ないが、あんなものはほっとくが勝ちである(顔写真つきカードなんて、中華人民共和国かと思いMASITAねぇ。もちろん申し込むような奴隷根性は持ち合わせていないが)。ざっと見たところでは、あんなのはオレが言うところの典型的な「パワーポイントなお仕事」である。パワーポイントはたしかに便利なソフトだが、どうもあの資料画面の体裁をそれらしくでっちあげるのに執心のまま、その実さっぱり中身のないプレゼンの類が跋扈しているように思えてならない。形だけ整ってりゃいいやという学力テストや形式書類的な発想でもあるが、ようなあんなものを考え出したヤツらのドアタマの中身がよ~く覗えてくるようである(笑)。

 それにしても、あの名前。ありゃぁ「ユアーナンバー」の間違いなんじゃないのか? 別段、こっち(国民の側)が「くれ」といったシロモノでもなく、十全な説明も了解もないままにズルズルと予算が組まれ一方的に送られてきたんだから(「みなさまのNHK」の「みなさま」も同じ?)。もっともそんなエイゴもどきでごまかす(これも「パワーポイントなお仕事」に共通するセンスだ)のではなく、「国民管理番号」と正直にわかりやすくするほうが「理解」を得やすいと思うのだが、幸いにしてそんなまやかしにごまかされない日本人もまだまだ多いようである。

  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]