忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2017/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459
 韓国・全羅南道沖で起きた船舶事故。
 調査が十分に進展したとはいえないながらも、報道によればどうやら人災である可能性が高いらしい。本来ならば起こりえない類の悲惨極まる事件であり、被害者や遺族らの悔しさは想像にあまりある。

 今回の事故をめぐって、フェリーの事業者やその従業員、さらに韓国行政のケンチャナヨさ加減がクローズアップされている。ひとつひとつをここでは挙げないけれど、その多くについて、あの国ならば十分にありうることだとは思った。
 たとえば、知人の在日韓国人G氏は、韓国企業に巣食ういい加減さをたびたび指摘しているし、日夜飲んだくれ、出社するやサウナに直行する管理職のエピソードなどを苦笑まじりに披露してくれたりもする。ケンチャナヨ(英語でいうところの「ノープロブレム」だが、しばしば前向きのニュアンスでも用いられる)はあの国の文化の大きな魅力だと個人的には実感しているし、やや大げさにいうならば、強さの根源である。だが、「ケンチャナヨ精神」はときに暴走する。「大丈夫」が「いい加減」と誤訳される。そういう意味で、今回の事故・事件は韓国社会に蔓延するそうした「負」の要素が収斂した結果なのではないかとも考えたくなってくるのである。

 さて、そうした隣国の「負」の部分をみるにつけ、日ごろから思っているのは、
「ニッポンのどうしようもない部分をさらにしょうもなくしたのが韓国のそれである」
 ということだ。言い換えると、わが国のそれとあの国のそれとは五十歩百歩。馬糞とイヌのクソ程度の差でしかない。
 そのニッポン的しょうもなさが、今回の事件にさいしてわが国に噴出している。すなわち、隣国の悲惨な事件をダシにしての誹謗中傷の類。なかには「船の管理ひとつできないのかよ」といった悪口もみられるが、ようは、
「ほぅら、韓国ってホントにダメでしょう?」
 というワケだ。それだけでとどまっていればまだしも、「だから従軍慰安婦をはじめとする軍国日本について連中が言うことは全部デタラメ」だのといった筋違いの方向にも発展したりもする。驚くべきは、そうした言がネット上の落書きだけでなく、商業紙誌やテレビ局までがこぞって記事配信によって日々タレ流されているところにある(ひとつひとつの例については割愛する。そんなものはネット上だけでも相当数あるからだ)。

 繰り返すが、あの国にはある種“未成熟”な面が多々あると考えている。だが、それならわがニッポンだって一緒ではないのか?
 たとえば、JR西日本・福知山線の大事故(事件)はどこの国のできごとか? あるいは、相次ぐJR北海道の事故や大事故未遂、あるいは事実の隠蔽はどうか? 中日本高速道路によるトンネル崩落事故はわが国で起きた不祥事事件ではないのか? 
 そうした近々の事件に頬かむりをし、ことさらに他国の不祥事をあげつらう哀れな国民。隣国を見下すことによって溜飲のひとつでも下げたいと思っているのかどうかはわからないが、「恥」というものを忘れたのかと嘆かわしくなってくる。そうしたひとびとは、たとえばここに挙げた3つの交通事故が、諸外国でどのように受け取られているのか、ちょっとは想像してみてほしい。

 こう書くと、「誹謗中傷を繰り返しているのはあっち(韓国)のほうじゃないか」と言い返したくなるムキもあるだろう(ただしこれは「言い返し」であって「反論」の仮定ではないので念のため)。その気持ちはわからないでもないし、その点ではまだしもニッポンジンのほうがいくらか行儀がいいかもしれない。だが、相手がそうだからこっちもというのはガキそのものではないか。「赤信号、みんなで渡れば・・・」というのはちょっと違うかもしれないが、ぁあ、それでわかった! 赤ん坊に刃物首相が拘泥する「集団的自衛権」云々が。ようは、「よその国も戦争してんだから、ウチだっていいじゃん!」ってことか(・・・というのはそれを好意に解釈する側のセンスであり、為政者側はもっと生臭くたくらんでいる)。バカだネ(笑)。

 外国の失態や欠点をあげつらって溜飲を下げるヒマがあるのなら、もっと自国の問題について真剣に向き合ったらどうなのか? とりわけ報道機関については心底からそういいたい。せめて、祖国・日本に誇りを持って胸を張りたい。そのためにもこんな体たらくなことでいいのか? そうじゃありませんか?

 
PR
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]