忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2017/06. 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513

 予想を超える退廃おっと大敗だったと思う。
 さきの都知事選における野党共闘の結果だ。
 そこには、候補者・鳥越氏および各政党の力不足もあったろうし、白川勝彦氏が言うところの「白色テロ」の効果もあったに違いない。だが、ここにきていまひとつ想像するのは、今回の「小池VS増田」という構図が、巧妙に仕組まれた茶番劇だったのではないかということだ。

 いかにも「反自民」的ポーズを全面に出した小池氏。それに対し、自民党主流と創価学会は元岩手県知事という異例なまでに“地味”な(失礼!)候補者を担ぎ上げた。しかも、件の「鳥越バッシング」が噴出する以前から、増田氏の“マスゾエぶり”が明るみに出て、ただでさえ知名度で勝る小池陣営にどこまで対抗しうるのかと思ったひとも少なくはないだろう。
 しかし、そんなことはとうの官邸側にとっては百も承知で、小池氏で勝てるという確証があったからこその芝居だったのではあるまいか?

 小池勝利が動かないのであれば(「白色テロ」はそれをより確実にするために仕掛けられた)、狙いはおのずから見えてくる。

 野党共闘を切り崩す。

 これこそが反動保守同士の対決を演出した本当の狙いだったのではないだろうか。

 結果として、小池VS鳥越ではダブルスコアをゆうにクリア。増田VS鳥越という局面でも大差をつけた。ここから導きだされかねないのは、野党共闘に対する疑念であり、それは今後の各選挙にも影響を与えるだろう(さきの参院選では大勝利とはいなかいまでも、共闘がなかったらどうなったか、冷静に省みてみたい)。また、いまひとつは民進党内部の動揺を生んだ可能性はあり、同党議員や党員の離反へとつながっていくかもしれない(同党内の「共産党嫌い」勢力は?)。そうなれば、せっかく実現した野党共闘にヒビが入り、今後の選挙においてますます自民・創価の独走を許すこととなっていくだろう。官邸の狙いはまさにそこにあったのではないのか?

 こう記すと、小池氏やその支持者に対する自民党主流の冷遇ぶりなどを材料に、否定するムキはあるに違いない。
 おそらく、そうした冷遇や対立はウソではない。小池氏は官邸の思惑云々をさておいてもある種の対立をしたのは間違いなく、それは増田陣営とて同様だっただろう。
 しかしそれもまた、仕組まれた演出のなせる業だったとオレは見る。

 かつて“キワモノ系ポルノビデオ”*(注)の演出で知られたバクシーシ山下監督は、出演者を「騙す」ことによって作品に緊迫感を与えてきたという。たとえば、強姦シーンを撮影にするにあたって、女性モデルを含む出演者にはそれが「強姦もの」であることなどはきちんと伝え了承を得ておく。しかし、そこに予期しなかった仕掛けをからませることにとって、出演者たちを「ハマらせて」しまうのだという。なかには、軽いアルバイト感覚で出演したはいいが、撮影現場で繰り広げられてゆくのが芝居ではない強姦そのものと勘違いした男が「これはヤバイ」と逃げ出そうした例もあったらしい。そうして出来上がったものは、山下作品と監督を糾弾した市民グループによれば「黒澤明をしのぐ」作品だったというのだ。
 こうしたエピソードは『セックス障害者たち』(バクシーシ山下・太田出版)や『アダルトな人びと』(足立倫行・講談社)などに詳しいが、ここで注目すべきは演出によって独自のドキュメンタリー的世界がつくられたという点であり、出演者自身もまた、演出と現実との境界が覚束ないままに演出者に操られていたところにある。

 今回の「小池VS増田」という構図は、まさにこの手法によって打たれたひと芝居だったのではあるまいか? そりゃぁ(ひょっとすると)本気だっただろう。小池陣営としてはアベ自民&創価タッグと真っ向から対決したのかもしれない。山下監督が出演者を「ハマらせた」のと同様に「ハマって」しまったのだからムリもない。しかし、“監督”としては「小池勝利で十分。問題は、小池+増田がどれだけ鳥越をしのげるかだ」。
 こうしてまんまと小池都政がスタートし、下馬評にみられた「鳥越独走か?」という筋書きすらなかったことにされてしまったのである。

 各野党とその支持者、あるいは「反アベ」でも正統的な「保守」でも「自由主義者」でもあるいは「社会主義信望者」でもいいが、なすべきことは前進である。揺さぶりなどに動揺してしまえば、相手側の思う壺だ(正面から見れば、それだけアベ政権にとって脅威なのだ。野党共闘が)。


*注:
 一般的に「アダルトビデオ(AV)」などと呼ばれるが、「アダルト」とか称しつつもその大半は単なる「ポルノ」。個人的には「エロビデオ」という呼び方を好むが、「ポルノビデオ」というほうが正々堂々としているように思うので、ここでもこうした。単に「興奮する作品が(ほとんど)ない」というつまらん理由で個人的にはほとんど見ることのない「ポルノビデオ」だが、「作り手」についてはなにかと興味を覚えている(そりゃそれとしても吉沢明歩はええなぁ。出演作は1本も持ってないけど)。なお、例として「強姦」云々を持ち出したが、そうしたテーマに対する是非についてはここでは触れないこととした。


●おまけ:
 で、かような都知事だが、かつて石原みたいな元破廉恥小説家を長きにわたり抱いてきたのである。ここはひとつ、ポルノ界の御大・村西とおるをその席にご招待してみてはどうか?
 スローガンは「東京からスケベがやってくる!」。
 東京23区を「ポルノ特区」とし、いまや韓国エンタテイメント(とくに映像部門)に唯一対抗できているかもしれないポルノビデオの一大製作・輸出拠点とする。村西とおるのずば抜けた行動力については、たとえば『裏本時代』(本橋信宏・幻冬社)などに詳しいが、それがたとえポルノであれ、あれよという間にトップに躍り出た実績(それも二度も)を持つ巨人である。特定のイデオロギーに害されることなしに、文字どおりに寝食を忘れて東京都を盛り上げてくれるといっても過言ではないでしょう。

 なぜこんな露悪的なことを記すかって? それほど絶望したからさ。あまりにも無防備な選択に。
PR
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]