忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2019/07. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 三浦知良、新庄剛、藤原紀香、郷ひろみ・・・自民党から選挙候補者として名前が挙がっては立ち消えになってきたその一部である(敬称略)。こうした著名人の名前が挙がるたびにテレビを中心とするメディアが面白がり、さも大事であるかのように話題にでっちあげられるけれど、その受取り方はひとそれぞれであろう。
 このうちつぎの参院選比例への出馬要請を受けたというカズこと三浦氏は、「自民党よりオファーをいただきましたが、お断りしました」とキッパリ。昨年、チームが優勝争いのさなかにあって知名度を狙われた新庄氏も立候補を否定している。いずれも現役(新庄は当時)のスポーツ選手に対してコナをかけたという、とうの本人をはじめとしてファンはもちろん、政党としての本業であるハズの政治そのものに対して小バカにした愚行であった。  



 ここに挙げた芸能関係のふたりについては自民からの正式な要請はなかったとされるが、同党(民主もひと皮むけば同じ穴のムジナなのではあるが)は引き続き著名人狩りを画策しているといわれている。もちろん著名人であろうとなかろうと被選挙権はあるわけだけれど、(たぶん)党員でもなんでもない人物を“目玉”とすることに対して、本当は自民党内部でも疑問視する必要があるのではないだろうか。

 同党はかくのごとく著名人狩りをする背景のひとつには、現在取り入れられている参院比例区の選挙システムがある。すなわち2001年以降用いられている非拘束名簿式が政党および立候補者個人に対する投票方式のため、知名度を武器に選挙に臨むことによってそのぶんの得票を政党の他候補者に横流しができるわけである。すなわち、本人に対して票を投じたハズが、単に同じ政党の候補者名簿にあるというだけで、有権者が意図しなかった部分に票が反映してしまうことになるのだが、人気コンテストに投票するがごとく立法府への権利を使ってしまう有権者に支えられて集票ができるため、なんともオイシイシステムとして利用したいのであろう(もちろんこの方式導入の意図はそこにあったに違いないが、自民から出馬することによって自らの名声を傷つけてしまうというリスクが候補者の側にはある)。
 いまひとつは、同党の支持に陰りがあることと、つぎの参院選後の過半数確保への危機感などが指摘されている。なんでも、今回のボーダーラインは51議席。スネオ体制にあった04年の参院選は49議席だったから、支持率が芳しくないアベ体制にあって危機感を抱くのは当然かもしれない。しかも51という数字は、連立相手の公明が改選13議席を確保するという前提にあるからなおさらであろう。仮にここで公明の13議席に上乗せがあったにも関わらず自民が目標に届かないとなれば、連立の“主従”関係にも影響がでる可能性もある。創価学会に乗っ取られる自民というのもある意味痛快ではあるが、これはタチのよくない冗談。

 それにしても、前回の参院選でマスメディアが「小泉チルドレン」だの「刺客」だのともてはやした議員に対してもそうだが、こうした数合わせ要員作戦に対して、有権者はもっと醒めた目を向ける必要がある。そもそもが政治の場できちんとした仕事をし、みずからの政策や主張を真正面に挙げることこそが基本であり、そこに知名度があるとしても、それは政治の場での努力あっての結果であろう。そんなあたりまえのことを無視してまでの著名人狩り。断ったひとびとは賢明だった。少なくとも自らの努力で築き上げた名声を、単なる数合わせだけのために自民に利用されかねかったものを忌避したのだから。なんともアブナイところではあった。
 まぁ、なかには「待ってました」とばかりに飛びつく“駒”もいれば、「あのヒトの自民候補を歓迎」するという有権者もいるだろう。しかし、オレ自身はといえば、仮にファンになっているひとが乗せられたら残念に思うだろうし、なかには軽蔑すらしちゃうかもしれないにゃぁ……。

 数合わせに戦々兢々としていながら大政党の驕りにまみれた自民。すでに保守でもなんでもない「反動・自民」(*注)。オレはひとに対して冷笑することを好まないので、さしあたりそんな彼らを哀れんでさしあげたいと思う。


*注:
 元衆議院議員の白川勝彦氏の言葉。氏のサイト「リベラル !! リベラリスト (自由主義者) 白川勝彦Webサイト」をときおりチェックしているが、保守の言論人として注目のできるひとりではないだろうか。

*おまけ:
 男子ゴルフツアー優勝で最年少記録を更新した石川遼選手に、アベノオボッチャンが色紙をプレゼントしたとか。なんでも石川選手の側が首相を“表敬訪問”したとのことだが、なんでしょうねぇ……。このどちら側も。
PR
  • カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]