忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2017/11. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541



 進退谷まるとはまさにこのことですな。
 衆院選挙を前にして、いよいよ現代ニッポンのしょうもなさが噴出している。

 少し前、民進党代表に前原が就任したとの報を目にし、とある友人との茶飲み話でオレはこう断言した。
「民主党(民進党なんだが、クセでついこう口走ってしまう)もあと1年か、せいぜい2年後にはなくなってるさ」
 それがまさかすでに解党状態だと伝えられるザマとはね。
 先の都議選惨敗のうけ、なんら抜本的対策を打ち出すのでもなしに、やたらと「戦犯探し」に明け暮れている(まぁ、自称・報道の類によればだが)のを見て、心底くらだん連中だと蔑んでいたものだったが、真相はさらに重症だったということのようだ。

 その“前原党”が“小池一派”と手を組むという。
底の浅い極右同士、せいぜい仲良くやってください
 素直にオレはそう思ったものだ。

 現状で伝えられるところによれば、たとえば消費税増税を(珍しくも?)打ち出しているアベ自民に対し、小池一派は増税を否定しているという(もっとも豊洲のザマを見ていると、そんなキレイゴトなんぞ信用するバカがいるのかと思いますがね・笑)。いちおうは対立策があるようではあるけれど、アベの狙いはそんなところではないのだ。「珍しくも」と記したが、この段階であえて「消費税増税」を前面に露出させたその背後には、「改憲」という大命題が潜んでいるからだ(隠れ蓑であるのと同時に、財務省に対する懐柔を含むと見る)。

 言い換えれば、仮にここで小池・前原側がアベ・池田連合に勝ったとしても、その大命題の部分で同じ船に乗っている以上、アベにとっては痛くも痒くもないに違いない。

 来る選挙でアベ・池田連合が敗退し、まがりなりにも政権交代をするという可能性はけっしてゼロではないだろう。なかには数合わせで見れば十分にひっくり返せるという説もあるようだ。

 そういうことは、アベ本人はともかく、そのブレーンは当然のこととして周知しているであろう。ひょっとすると背後で操っている財界や宗主国もまた、いくつかのシナリオを用意して備えているのかもしれない。

 そこで浮上するのが北朝鮮危機である。
 TVをはじめとする自称・報道を目にしていると、すぐさま戦争がおっぱじまっても不思議でないかのような騒ぎだが、とするとそんな危機的状況のさなかにあって、のんきに解散総選挙なんぞやっている場合でないというのは、おそらく多くの国民が思っていることであろう。少なくとも解散をめぐるアベの言動がそらぞらしく感じられているであろう。思想信条云々(うんぬん)以前として、いくらかでもマトモなひとであればそい思って然るべきだ。
 にも関わらず、アベは衆院解散に打って出た。

 ここからはまったくの空想である。

 衆院解散を強行したその背後のは、北朝鮮危機は当分の間は暴発の恐れナシとの担保が、おそらくは宗主国から得られているのだ。あの朝鮮戦争開戦にあたっても、北朝鮮による先制攻撃の予兆をかなり正確につかんでいたアメリカ合州国である。アベ政権にも、小出しにそんな情報が与えられていると考えられるのではなかろうか。

 一方で、選挙期間中はともかく、その後に暴発する可能性を真っ向から否定することはできないような気がする。最悪の事態(戦争)は避けなければならないが、仮に選挙でアベ・池田党が下野し、その後に暴発が起きるとすれば、前原・小池政権が事態に相対することとなる。ところが、彼らでは十全な対応ができない(まぁ、アベ・池田連合でも大差はないと思うが、その段階の責任者がダレなのかというふうに仕掛けられたワナである)。当然のこととして日本国民からはソッポを向かれるだろう。そしてその先にあるのが、村山政権以後の旧・社会党と同じ道筋である。そうなれば、野党は共産党とごく小規模の勢力だけとなり、敗戦以前のニッポンと変わらぬ極右独裁政権が磐石な城を築くことになる。アベにとってみれば、ちょっとした臥薪嘗胆ぶりを気取ればいいといったところだ。

 これこそがアベ尊師と宗主国との狙いなのではあるまいか?

 仮にそうだとすれば、前原の責任は重大にすぎるのだが……。
 


■おまけ1:アベ尊師というニンゲン
 前回アップで話のタネに用いた大韓時代劇「王と妃」で実質的な主役となっているのが仁粋大妃というときの“女帝”である。あの男尊女卑の封建社会にあって国家権力をほしいままにした女傑ともいえようが、それはともかくドラマでの描写には興味深いものがある。
 彼女は王家のひとつでありながら、国王の直系から外れた家に嫁いだ。ところが、その家長である首陽大君がクーデター(癸酉靖難・1453年)を起こし王座を強奪、成り行きで次代王妃の座が約束されたものの、肝心の夫があっけなく病死してしまう。ところが、すでにふたりの男児を得ていたことから、わが子を王の座に据えるべくあれこれ画策を繰り広げるのであった。

「乽山君(チャサングン・次男)を世孫(次々代の国王候補)にしたいのです」

 まぁ、わが子云々(うんぬん)はオヤとしてごくふつうの欲かもしれない。だが、彼女のホンネは、オレが見たところでは息子が国王になることを願っているのではない。 「わたしは大妃になりたいのです」  大妃とは国王の母親のことである。つまり、ここでは息子が主格なのでなく、あくまで自分のことしか考えていないワケだ。

 そんなさなか義父・首陽(世祖)の病が進み、ときに危篤に近い症状を繰り返すのだが、そこでも義父の身を案じるのではなく、「ここで義父に死なれたら、わが野望はどうなってしまうのか」という、どこまでも自己中心の姿勢を貫く。そのサマをみてオレは思った。 「ぁあ、こんなところはアベ尊師とクリソツじゃないか(笑)」

 あのアベっていう男のアタマのなかにあるのは、やや大げさにいえば「改憲」の2文字だけである。それも、別段「改憲」によって祖国の将来を思い描くなどといったものでもなく、あの阿片でひと儲けをしたとも伝えられる祖父の墓前にその“快挙”を報告したいというのがせいぜいなのではあるまいか?  これは、息子の将来や、いわんや国家はもとより政治をどうしたいということ以前に、わが身を「大妃」にしたいという野望にかられた仁粋大妃とよく似てはいまいかと直感したのである。

 ゆえに、周囲がなにを言ってもムダ。表舞台から引き摺り下ろすほかはないというのはあの金正恩と一緒なのである。


■おまけ2:北朝鮮当局の対米姿勢は戦前ニッポンジンの理想像なのでは?
 北朝鮮の外相が(彼らにとってみれば)敵地・ニューヨークでアメリカ合州国政権に対し罵詈雑言の嵐だという。
 立派なものじゃないか。
 アベ尊師はもとより明治憲法信望者らはまさにそうして喝采すべきであろう。
 あの“鬼畜米英”(ここでは米だけだが)に、ほとんど単身、孤立無援の状態で、それも敵地を舞台に真っ向から対決しているのである。
 もっともCIAの手先だった男の孫としては、自分だけのなかの都合をこねくりまわして属国の道を歩むほかはないのであろう。あの男がいう「美しき日本」の「日本」というのは、「日本国」でななく「日本州」ということなのだ。

PR
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]