忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2018/08. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[555]  [554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549

「なんでそこでアメリカが出てくるのよ?」

 仕事の手を休め階下に行くと、年老いた我が母堂がTVのニュースショウを見ていた。
 題目は南北問題。27日に実現したあの歴史的瞬間などについて、そのスジの専門家やら自称専門家らが論評ないし出任せを番組司会者らとともに繰り広げるというテの番組である。

「あの会談のニュースを見て、真っ先に思い浮かんだのが拉致被害者のこと。一刻も早く帰国できるといいのだけれど……」
  母堂はそう思っていたという。

 とうの番組ではなかなかその拉致被害者問題の話題が出てこなかったが、しばらく見るともなしに見ていると、やっとこさという風情でこの話題がめぐってきた。すると、

「アメリカ(合州国)と北朝鮮との会談に期待したいですね(要旨)」
 とのコメントが真っ先に飛び出したのである。
 冒頭のひとことは、それを受けてすぐさま飛び出したものだ。

 別段、日ごろから政治がどうの北朝鮮問題がどうのというワケでもなくとも、ごくごく素朴に当然ともいえる疑問に結びついたということであろう。まったくもって同意するほかはない。

 ──ったく、そのつもりがあるならアベが北朝鮮に乗り込んで交渉してこいってんだよな……。まぁ、乗り込んだところで平壌冷麺がどうのという話で終わりかねないからおとなしくしてるほうが恥をかかなくて済むかもしれませんなァ(笑・笑いごとではないが)。
 
  ※29日午後に配信された時事通信の短文記事
文在寅大統領は27日の南北首脳会談の結果を説明し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対して日本人拉致問題を提起したと報告した=29日午前、首相官邸(リンク記事)

※同じく29日午後の時事通信配信
トランプ大統領が同日の安倍晋三首相との電話会談で、「日本の拉致問題を即座に解決するよう北朝鮮に促す」と伝えたことを明らかにした。(リンク記事)
(前者はアベの写真とともに配信されていたが、ここでも主体は日本側にはない。いったいどうしたことか?)

 あの会談を受けての「板門店宣言」の署名や南北両首脳のスピーチは、TV中継で目撃させてもらった。久々に感動を覚えた。それも猛烈に。

 このまま順調に進んでほしいという願いの一方で、はたしてどのような障害が待ち受けているのか、それらをどのように克服してゆくのか。一筋縄でいかないかもしれないことは百も承知のうえだが、まさに歴史的快挙の瞬間であったと思う(北朝鮮の先代と先々代時代を含む道のりについては、たとえば『ソウルと平壌』や『朝鮮戦争 金日成とマッカーサーの陰謀』、『金正日 隠された戦争 金日成の死と大量餓死の謎を解く』──いずれも萩原遼著・文春文庫──などを参照されたい)。

 そんな歴史的大事件にあって、我が祖国・日本国からのコメントや動きは驚くほど乏しいのが気にかかる。

 そんななか、ネットのヘッドラインには、「日米首脳が電話会談」「認識が一致」といった米国主体の見出しが並ぶ。

 たとえばつぎの記事──
日米首脳、北朝鮮非核化へ行動要求=南北会談は「歴史的一歩」(時事通信29日)

安倍晋三首相は28日夜、米国のトランプ大統領と電話で約30分間会談し、27日の南北首脳会談について、北東アジアの平和と安定に向けた歴史的一歩として歓迎すべきだとの認識で一致した。(リンク記事)

 見出しだけを見るといかにも日米間で「会談」したかのようではあるが、そうではあるまい。単に米国側にご意向伺いをし、その結果を「一致」とウソぶいているだけではないのか?

 リンク記事はこう締めくくっている。
日米首脳電話会談に同席した西村康稔官房副長官は、南北会談で拉致問題が取り上げられたかどうかについて、記者団に「具体的なやりとりは控えたい」と語った。(同前)

 ようはなにもないのだ。アベを筆頭に、自民党のほとんどの面々はどうしていいのかさっぱりわからないのだ。おそらくは優秀であろうハズのトップ官僚をしても、主体的に動けるだけの意識も情報も持ち合わせていないのであろう。あきれ返るほどの属国ぶりではないか。

 こんな体たらくだからこそ、ほかならぬ日本と北朝鮮との間の大問題である拉致被害者問題についてすら、米国だの韓国だのの顔色を伺いつつ、「ジャンケンの後だし」をするタイミングをはかるのがせいぜいなのだと考えざるをえない。

 そういえば、26日には「2018年報道の自由度ランキング」とやらを伝えるニュースがあった。北朝鮮が最低位にあるのはともかく、我が祖国・日本は180中67位だったという。韓国の43位からも遠く引き離されたザマを国際的に見せつけたワケである。

 しかし、前から思っているのだが、「自由度」という見出しは必ずしも正しくないのではあるまいか? ポルノや詐欺的商品のCMなどが手放しに近い状況で跋扈しているニッポンは、むしろ「自由度」は高い。その気になれば相当の部分まであからさまに報道することだってできないハズはなく、その点で北朝鮮などと比較するのはムリがある場合もあるだろう。

 むしろここでは「マスコミのバカ度」。バカで悪ければ「(権力に対する)従順度」、あるいは「家畜度」としてもいいが(いや、こんな物言いは家畜に対して失礼かな?)、ようは主体的に腐っているのである。「自由」云々などという高尚なレベルにないのがわが国の実態ということであろう。心底情けない……。
(誤解を避けるための蛇足だが、今回引用させてもらった時事通信社がそうだとは言っていないので念のため。)


PR
  • カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]