忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2019/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 かんぽの宿譲渡にからむさまざまな事実が明らかにされつつある。
 すでに周知のように、日本郵政がオリックス不動産との間にかんぽの宿70施設の一括譲渡契約を結んだことについて鳩山邦夫総務相が疑問を呈したあたりから、国会および世論の関心を集めている事件である。これらの施設は、いうまでもなくもとは国民の共有財産であったもの。整備費用が2400億円を超えていることが明らかになっているなか、オリックスとの間に設定された売却額は109億円といわれ、その土地代およそ300億円にも及ばないというのだから、鳩山氏いわくの「出来レース」というのは国民の多くが感じていなければおかしい。これは国民に対する裏切り行為という点で、平成最大の疑獄事件にすら発展するのではないかという気すらしてくるというものだ。

 オリックスの宮内義彦氏は、そうでなくとも“平成の政商”とも揶揄されている人物である。どういう既得権益からか、一商売人が政治の中心部に近いところであれこれ権力を行使し、危うく国民全体の財産を二足三文でまんまと手中にする寸前であったのだ。相方となる日本郵政にしても、“本業=メインビジネス”であるハズの郵便に関してはおそらくなんら熱意も興味も持たず、数字のこねくりまわしにしか関心を持っていないであろう人物がトップに据えられるような状態(*注)なのだから、その裏側や推して知るべし。それ以前にあった背景のひとつにかんぽの宿そもののにからむ経営上の大失敗があったにせよ、こんな叩き売りが許されていいわけはないのである。

 そんなことで、鳩山氏がこの件に立ち向かっている点については大いに評価している。日ごろから政権批判を続けている拙ブログではあるが、総論はともかく、各論のなかには共闘できる部分があっていいという持論をもっており、そういう見方で今回の鳩山氏を評価したり、民主党や共産党を評価したりしているのである。
 だが、果たしてこの問題は「出来レース」を暴き阻止するという単純なできごとなのかという気が最初からしていた。これはコイズミスネオによる“改革”とやらを含め、ヘタをすると現政権の根幹をも揺るがしかねないような爆弾なのである。それがなぜ政権内部からスッパ抜かれたのか? どうも共闘すべき野党、というよりも民主の対応ぶりをみていると、あのヒトたちホントにやる気があるのかなという感じがしないでもないが、これはおそらくやる気以前の問題であろう(同党のおろかしさはこんなところで暴露されるべきレベルではない)。それよりも、ひょっとするとなんらかの筋書きがあっての鳩山邦夫氏の登場なのではないかという疑問を持っており、こちらのほうに興味が湧くのである。ちょうど、かつてのロッキード疑獄が、あれだけの大事件に発展しながらも政権の根幹を崩壊させることにはならず、ごく単純化すれば政界における力関係の争いに終始したようにだ。あのときは田中角栄氏らがやられた一方で、福田赳夫氏らが力を伸ばしたという実績もある(田中おろしにからむ陰謀説もあるが、それはそれとそしても自民党政権は安泰であった)。すでに底割れの限度を超えた“1割政権”。もはや沈没したも同然の状態を立て直そうとするその“ウルトラC”が、ひょっとするとこんなところに隠(画)されているということはないのだろうか(いまひとつは北朝鮮の動きにもアヤシさを感じているが……)。

 そんなことをつらつら考えていたところ、つぎのようなネット記事があった。

http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/commons0902_009.html

 政局優先という論の強調が先走るなど納得できない部分があるばかりか、この記事にこそある種の狙いがあるのではないかと疑いたくなる論調にも思えるけれど、これまた“各論”ということで参考にはなるのではないだろうか。



*注:
 同様の民営化企業として、たとえばJRの場合は、旧国鉄関係者を含め、トップにもいわゆる“鉄道マン”がいて責任を負ってきた。個人的には旧国鉄の民営化、とりわけそれが分割であったことなどに対してかねてから疑問を抱いており、いずれなんらかの危機が訪れるのではないかとすら考えているのだが、それはさておいても、本業である鉄道輸送業に対する熱意は感じている。いまのところは。ただし、それも徐々に崩れつつあるのではないかという気もする。たとえば、大学卒業見込者の人気企業の上位にJRが入るの例もあり、それそのものは鉄道愛好家としても喜ばしいことだけれども、では彼らはなぜJRを希望するのか? これが鉄道に関係する仕事に対する熱意があるがゆえということならば結構なのだが、はたして実態はどうなのだろうかと思う。もっとも、本1冊読む習慣もないクセに出版社編集部志望なんてのもいて、そんな実態を嘆いている出版社幹部もいるわけなんだが(笑)。

 そういえば、日本郵政が発売している「お年玉つき年賀はがき」の商品当選番号がNHKラジオのニュース番組のなかで広報されていた。かつての郵政省時代では、これもまた国民の財産であり、小さな楽しみであったハズだからこうしたお知らせもよかった。だが、現在は単なる1企業の商品である。これ、報道なんですかね? 仮にお知らせであれば、宣伝料ぐらい支払うべきなんじゃないかとも思うのだが(笑)。競馬など公営ギャンブルや宝くじの類は、いちおうは収益の一部が公的に利用されているハズなのでまだわかるのだけれど、郵便会社のは商品の単なるオマケか国営時代からの惰性なんだろうからなァ……。
PR
  • カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]