忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2019/07. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あまりにもくだらん男どもの話題なので、今回はいつもよりも乱暴かつブラックユーモアをまじえていこう。ええ、そうですとも。久間章生防衛相(衆院長崎2区)がついついホンネをもらしちゃった原爆についての考えとそれをめぐってむき出しになったおぼっちゃんのセンスについての話でございます。

 Qマちゃんによれば原爆の使用はいっこうに構わないということらしく、なんらかの形で“正当化”されうるコジツケでもなんでもあれば核兵器による大量虐殺など「まっ、いいっぺ」という感覚をフツーに持った野蛮人であることを自らが暴露してしまったわけだが、こんなものはしかし自民党なかのある層にとってはまっこと常識であることを認識しておく必要がある。一例で申し訳ない。オレの友人や知人にも長崎出身者が数人いるけれど、そのうちのある家族の親類がじつは被爆体験者を含むにも拘わらず、なんとこのQマ式そのまんまといっていい発言をしていたことがあって、だいぶ前に驚いたことがあった。いかにも自民党員の家族である。当時はまだ冷戦のさなかであり、ソビエト連邦に対してなにかを警戒が働いていたという背景があったのかもしれないが、自分の血縁が惨禍に遭わされたアメリカ合州国による原爆投下について、「あれはソ連の侵攻を目前にして日本の社会主義化を防ぐためだったから仕方がない」という主旨の考えに凝り固まっていたのである(未遂はダメでも大量虐殺の実行についてはよろしいという恐るべき発想)。したがって、Qマちゃんのおしゃべりについて「ぁあ、たしかにそんなセンスであろう」とじつは妙に納得させられてしまったわけだが、問題はこんな男をこともあろうか防衛相に据えている政権にあり、あえて手厳しく指摘すれば、国会に送り込んでいる長崎2区の有権者にもあろう。  



 発言の詳細についてはすでにさんざん報じられているので割愛するが、それを受けて会見に臨んだおぼっちゃん、「米国の考え方を紹介した」とし、問題視しないと開き直ったという。実際にQマ式がアメリカ合州国の考え(アメリカ合州国内にだってさまざまな意見があると思うのだが)なのかどうかという問題もあるが、だからどうだといいたいのだろう? これは丸っきり他人の考えを披露しただけなのか? それに対してQマちゃんやおぼっちゃんの考えはどうなのか? これを閣僚の発言として「問題ない」などとどこの国の首相がしゃべるベロを持っているんだ? 世界中に知れ渡ったに違いないこの事件、とんだ恥知らずな国だということがまたもやバレバレになっちゃいましたにゃぁ。なんだかこういうときにテロリストの考えそうな発想でも「紹介」したくなってきますがね。もちろんブラックユーモアとしてだが。

 でまぁ、おぼっちゃんときたら、2日になって「発言に注意するように」と注意したらしいのだが、その対応の遅さもさることながら(いつものことですがね)、発言に注意すればいいという種類の問題でないことに気づくべくもないのである。さらにとうのQマちゃんはおぼっちゃんとのお話のあとに会見に臨み、「これから先も(発言に)注意していこうと思っている」と語ったうえで、野党が罷免を求めていることについて、「そんなのはいいよ、そんなのはよくある話だから」と切り捨てたそうな。ようは発言のなにが問題なのかを理解することがさっぱりできず、さらに国民の姿がなんらオツムのなかに入っていないのである。罷免を求めているのは形としては政党だが、その背景に国民の声があるということを理解できないとはバカな政治家もいたものである。このセンスでいけば、おそらく地元・長崎2区のひとびとも本質的には同様に扱われているのではないかと思うのだがどうしたものだろう。さらに1日のテレビ番組(フジテレビ系のニュースショウ)自身の原爆発言に関し「訂正する必要はない。誤解を与えたところがあれば、そこは丁寧に説明しなければいけない」と放言しているのだが、これって「文句を言う側がコトを理解できないバカなんだ」と言っているようなものだ。バカなだけじゃなく傲慢でもある。

 もう言うことはないだろう。おぼっちゃんにせよQマちゃんにせよ、日本国民の幸福かつ安全な生活などについてこれっぽっちも眼中にないのである。国民の姿がほんの少しでも窺えるのであれば、もうちょっと違った対応の仕方があろう。大衆などテキトーに騙しておきさえすれば自らの人生は安泰。そのていどの連中を利用している層があるということでもあるのだろうが、そんなのを事実上放置しておく自民党とは、実際問題としてここまで腐り果てているんですにゃぁ。

 そんなさなかに国政選挙が迫っている。その結果、さらに恥の上塗りを国民がするのか、それとも遅ればせながらのブレーキをかけるのか、なんだかQBをみているとそんな危機感すら窺えないんですがね(笑)。



*おまけ:
「毎日新聞」によれば、
『被爆地・広島が選挙区の自民党の中川秀直幹事長も「原爆投下と(ソ連)参戦の関係は歴史観の問題で、一個人の意見。コメントの必要もない」と述べた。ただ、公明党の太田昭宏代表はさいたま市内で記者団に「見識のある方、発言は信じられない。誤解を持たれる点があれば、説明をする必要があるのではないか」と懸念を示した。』(6月30日)
 というのだが、中川サンよ、そのセリフ死ぬまでお忘れになりませぬように。さらに「見識のある方、発言は信じられない」ってなにさ(笑)。オレも信じられないヨ。こんなひとびとが国会で重要な審議にあたっているなんてさ。
PR
  • カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]