忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
猫池罵詈雑言雑記帳
2017/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241
 悪寒が走っている。あまりのくだらなさにだ。
 インタネットニュースのヘッドラインに死体遺棄事件容疑者の名前が続々と現われたのと並行して、テレビのワイドショウはもちろん、一部の雑誌などでもこの事件が面白おかしくタレ流されるようになり、昨日あたりはNHKの正午やみることの多い「首都圏ネットワーク」などの一般ニュース番組までがトップで扱うようになってしまった。届けられた「東京新聞」を手にしてみれば、この比較的マトモな新聞でさえ1面にデカデカと容疑者逮捕の報が載せられている始末である。

 なるほど、死体遺棄も大層な容疑(殺人容疑でないところにも注意)ではあるけれど、ニュース材料としては日々量産される(?)数多くの刑事事件のひとつにすぎないであろう。しかも、大半のマスメディアが嬉々として商材とした元アイドルタレントらと異なり、一般にはどこのだれぞとしれぬ一市民がその容疑者であり被害者である。もちろん報じることは必要ではあるにせよ、それがなぜこんな他を押し退けるような重大事然として騒ぎに仕立て上げられたのだろうか(*注)。
「なんか政府が国民に隠しておきたいようなことが進行中だったっけ?」
 つい、こんなことを思ってしまった。

 正直なところ、そんな事件にはほとんど関心がなかったこともあり、単なる死体遺棄事件の容疑者が逃亡中などという事件が、なにゆえここまで大きく取り上げられるのかがさっぱり理解できないのである。たとえば、これが殺人容疑者なりテロ容疑者なりであり、かつ拳銃なり爆発物なりを所持したまま逃亡しているなどの兇悪性を伴うというのであれば、市民に対して注意を喚起するという視点を含めそれ相応の報道もあり得るだろう。だが、(報道によれば)大人しく潜伏していたにすぎず、それならばこの容疑者に関わらずいくらでもある事件のひとつということになってしまう。
 ようは、容疑者が逃亡と並行して整形手術をしていたなどの事実あるいは憶測がショウ化され、それがニュースという名のエンタテイメントにでっちあげられているだけなのである。重ねて記せば単なる商材のひとつなのだ。

 そんななか、写真家の藤原新也氏のエッセイには、それらマスメディアによるバカ騒ぎとは異なる視点があり、ある種の刺激を受けた。
「悲しき成長物語としての若き逃亡者の流浪」
 自分自身、モノ書きのはしくれとして、こうした視点を持ちえたいと再認識した。
 その一方で、やれ「懸賞金」がどうのと騒ぎ立てている連中がいる。バカを通り越して哀れというものではないか。

 また、弁護士の白川勝彦氏は(今日のところは)直接的にこの騒ぎについて触れてはいないものの、一連の現象についてごく簡単に書き記している。
「疎外…。」
 氏の言う意味とは異なるかもしれないが、テレビやら新聞やらを目にしていて、オレ自身が妙な疎外感を覚えたものである。


*注:
 たとえば、昨日は韓国軍と北朝鮮軍との間で銃撃戦があったが、祖国および周辺地域の平和ということに関してなみなみならぬ関心を持つ身としては、事件そのものおよびその後の動向が非常に気にかかる。だが、(死体遺棄事件容疑者逮捕と同様に)事件から一夜を明けたテレビニュース(たとえば正午のNHKニュース)ではついぞその続報の類がみられなかった。容疑者逮捕の続報については、所轄署前からの中継(大雨のなかゴクロウなことである)を含め念入りにしていたのに、だ。

*追記:
 そんなショウだが、話題としての人気が高い……らしい。およそつまらん事件になぜと訝りながらあるいはと思ったのは、現代の日本において、官憲によってがんじがらめにされながらも、長きにわたって身を潜ませることができたという1点がある種の共感を呼んでいるのではないかということである。容疑者の逃亡劇に対し、自らが抱いている閉塞感のようなものを投影したひとが、ひょっとすると少なくなかったのではないかという気がしないでもない。
PR
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • プロフィール
HN:
猫池
HP:
性別:
男性
職業:
レジャーライター
自己紹介:
 レジャーライター=植村誠の別館ブログです。
 ここではおもに時事ネタを中心に独断と偏見にて雑感を記してゆきます。本館サイトアトリエ猫池ともどもお楽しみください。
 なお、トラックバックおよび「コメント」は受けつけない設定にしております(当面はBBSへどうぞ!)。
  • リンクと姉妹サイト(BBS)ほか
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © Blog a_Tocsin All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]